FC2ブログ

Forza Horizon3を取りあえずまとめ

実績スコアが1130/2000まで行きましたので、と、かなり長いことプレイしてるので一旦まとめたいので。

実績メインでまとめます。例によって実績wiki参照しつつのプレイですので内容は薄味です。

本編側ではまず全てのレースなどを出現させるために、フェスティバル会場の全解除とアップグレード完了を狙います。とは言っても基本は出現してるレースをエキシビジョンで片っ端から走破していき、それでもファンの数が足りなかったらチャンピオンシップやPRスタント、バケットリストなどを埋めていきましょう。
私はレースゲーは殆どやらないのでドライバターは最弱の新人、フルアシストでのんびりドライブでした。ドライバターについては、新人でやっててもこちらに追従、たまに負けるレベルがいる場合が多々あります。個人的にはスタッフとして雇ったドライバターがその傾向が強いですが、解雇しても別のドライバターが強くなるだけでした。AIはアクセルがちょっと弱めでブレーキの回数が多めですが、路面の状況に関係なく車体のコントロールは完璧なので滑りやすいオフロードや雨の天候などでは私の腕前故に仕方ない所はあります。が、晴れののオンロードでも関係なくレベルの割に強いドライバターがいるので、ドライバターのレベル設定と別にランダムにプレイヤーのレベルよりちょっと下のドライバターを1~2台ほど入れているのかもしれません。
スキルポイントについてはレース最序盤にごぼう抜きすればトリプルパスやスリングショットなどで一気に入るのでレース以外で意識して稼がなくても大丈夫です。構成上、ジャンプが多いコースもあり、ライバルチャレンジ等でソロで走っても問題ないです。どうしても稼ぎたい場合は砂漠地帯でジャンプやドリフトしまくるか、砂漠~都市エリアを横断する幅広の道路でニアミスしまくるかのどちらかで。スキルショップは取りあえず他の実績の都合上、フォトモードとボーナスカーを最速で取り、後はご自由に。

フォトモード取得後はレースの開始直後に1~3回ほどで全部の車を写真に撮っていくようにしましょう。所持台数が少ない序盤の内は早々と出てくる車が固定になってしまうかもしれないので、エキシビジョンを埋め終わった後に色々な車で走ることになるチャンピオンシップで写真を撮り始めてもいいかもしれません。写真300台の実績だけならブループリントでレース作成してポンポン撮ればいいと思いますが、チャンピオンシップ全埋めやるなら、そのついでにやるだけで十分に間に合います。

道路埋めやボーナスボード探しはレースに飽きたところで好きなタイミングで。道路埋めに関しては最低でも会場4か所を開放、全会場レベル1のレース全埋めくらいやればよく通る道やその周辺に関しては埋まっていると思われるので、後はあんまり通らないところを埋めていきます。注意点としては、オフロードは元々の表記が点線なのと未走破はグレーで表示、それと地図の色が同化して非常に見え難い所が多々あるので、地図を見ても分からない場合は一旦、目を休めましょう。
ボーナスボードについては道路からかなり離れたところにある物や大ジャンプが必要な物もあるので、道路埋めついでに割れるだけ割って、枚数が伸びなくなったら実績wikiにリンクが張ってあるマップと睨めっこしながら収集、ジャンプが必要なところは高性能の車をさらにチューンアップして挑戦という流れになるかと。

PRスタントに関しては危険ゾーン以外は通ったついでに挑戦してみて星が付いたらラッキーくらいな感じで暫くは進行して、全フェスレベルMAXでPRスタントが全開放されたら頑張ってみる感じでいいと思われ。バケットリストも同様。PRスタントとバケットリストに関しては当方はドリフトが現状ではヘタクソなのでこれ関連の実績は取る気無しです。
ストリートレース、深夜レースについてはちょっとしかやってません。と言いますのも、1v1レースやってるとフェス会場の拡張とコース埋めが遅くなるんですよね。実績的には避けて通れないので、後々にやる予定です。
本編側、これ以外に関しては基本的に実績wiki参考でOKです。車のチューンアップについてはオートでやるよりも手動でターボを付けた方がスピード系が段違いに上がります。が、ブレーキとコーナリングについては扱いずらくなります。性能が低い車で何かするときはご参考までに。
一部の実績に現実の時間で結構長時間必要なものがあるので、それについてはちゃんと時間を確保してからやるようにしましょう。1レース30分は流石につらいです。
レースは全般的にブループリントOKみたいです。自分はほぼ初期のままやりましたが物によっては天候を変えたり、チャンピオンシップのレース数、コースを変更したりで時間の短縮は出来ると思います。

DLC二種についてはフェス拡張がない代わりに、レースやバケットリスト、PRスタントでメダルを獲得していくと段階的に解放されていく仕組みです。最終的にマップ内を巡る長いレースを勝利するとすべて開放及びチャンピオンシッププレイ可となります。拡張の仕方とストリートレースが無いところ以外は基本的に本土の縮小版です。が、レースに関しては完走、勝利、スキルやタイムなどの条件を満たす、で、段階的に1枚ずつの各レース3枚ずつのメダルが設定されてます。実績コンプを目指す場合は全レースでメダル3枚を狙う必要があります。PRスタントもメダルですが、本土の方の星と一緒です。バケットリストに関しては難易度でメダル1~3枚が設定されてます。道路埋めに関しては本土ほど広くないので問題ないと思われ。ボーナスボードはブリザードマウンテンは難しくないと思われますが、ホットウィールズは道路埋めしてもほとんど見つかりません。理由は後述。

ブリザードマウンテンは名前の通り雪道、場合によっては吹雪で本編に比べてかなり走り難いです。が、特徴としてはそんなものです。雪道用タイヤ装着可能な車は自動的に装着されるようです。

ホットウィールズはプラスチックの特設コースを走るクレイジーなロケーションです。地面に設置してるルートが少なく、ほとんどが空中回廊のようになっています。本土のオフロードやブリザードマウンテンとは違った滑りやすさがあります。それと、ルートの各所に加速用ブーストが設置されていて通常時、レース時を問わず使えます。初めのうちは加速するだけで楽しいですが、曲がりたい十字路の手前に置いてあると案外邪魔だったりします。
ルートのほとんどが空中にあるのですがボーナスボードは地上に配置してあるため、道路埋めが終わってもボーナスボードはあんまり見つかってない状況になると思われます。結局は実績wikiにリンクが貼ってあるマップを見ながら割っていくのですが、まぁ心配はしないように。
レースに関してはブループリントでコースの一部を変更することができます。交差系や波打つコースが苦手な場合にはループなどの無難なギミックに変えるのも手かと。メダル3枚目の条件は変わらず、取得時に条件が変わるなどもありません。

週末にはフォルツァトンという、XPやクレジット、車などがもらえるリワードがあり、簡単なやつだけでも拾っていけばクレジットが増えていくのでチャンピオンシップで車がないということにはならないと思います。実績スコア、個数には加算されないので出来なくても問題なしです。

本タイトルに関しては前述の通りドリフトが絡む実績は諦め気味ですがすぐに解除できる実績、時間をかければ解除できる実績がどっちもまだまだあるのでプレイは継続していきます。オンライン実績は気が向いたらやるかも程度です。まぁ成績関係なくやるだけでいいみたいなので、すぐにやるかもしれません。バイオ4やフォールアウト4、HALO5もありますが、これに関しては時間がかかるので(某無双より全然マシですが)早めにケリをつけておこうという魂胆です。

バイオ4もしっかり進めてはいますが、プレイが週末だけなので(多分)6月にプレイし始めた割に進行が遅いのでもしかするとFH3の締めのブログ更新の方が早いかもです。ではでは

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーク02

Author:マーク02
殆どゲームしかやってない人の駄文。XBOXONEの稼働率が高いです。XBOX360の実績解除もボチボチと。ゲームやってるときは大体ツイッチで配信してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
かうんたー
リンク