FC2ブログ

無料だったThe Turing Testの全実績解除

箱1のゴールド会員向けGwGで無料配布でしたので。実績wiki見た感じだと楽にやれそうだったのでサクッとプレイ&実績解除

FPSスタイルのアクションパズルで、動力ブロックやオーブを駆使して仕掛けなどを稼働させつつ先に進むスタイル。明確にステージリザルトなどは無いが、セクターの切れ目の通路は毎度同じ通路で、壁にセクターのナンバーやゲーム全体の進捗が分かるパネルもあり。

仕掛けとしては動力をセットできるソケットがあり、それに動力となるブロックやオーブをセットして仕掛けを稼働させたり止めたりして先に進みます。ソケットで動く仕掛けについてはケーブルで繋がっているので、どれをどうするとどうなるというのは割と分かりやすいかも。
ブロックの運搬手段は手で運ぶだけですが、オーブはキャラが持ってる銃でソケット間を吸着、発射できます。リフトや足踏むスイッチ絡みなどは遠くからオーブを発射して稼働させることも結構多いです。
中盤以降はこれを軸に、監視カメラやロボットを操作できるようになります。憑依して自キャラ同様に操作できます。

問題数が70問+シークレット7問とかなり多く途中で超高難易度化or飽きるのではないかと心配でしたが、中盤で機械に憑依できるようになって方向性が広くなったのが良かったです。動力オーブに関しても単にONだけでなくタイマー的なものや一定間隔でオンオフを繰り返すものなどがあり、かなり楽しめました。
シークレットはセクター7前に、次からは10*n+6のセクター前。他のセクターとはパズルの解き方の傾向があからさまに、しかもセクター毎に違うのでこれはこれで楽しいです。

気になる点としては、序盤のチュートリアルに関しては操作と基本の動力絡みのみだったので、初見のスイッチなどはよく分からなくて戸惑うことも多々。操作がシンプルなのと、操作盤は作用先に自動で視点が移動、スイッチ絡みはコードの先を見れば作用先が分かるという点で救われてるというかなんというか。
パズルの回答に関しては、一部に「これは正答なのか?」と思わなくもないクリア方法もあり。所謂「半ずらし」的な方法でのクリアもあり、3Dパズルなのでキャラの立ち位置がかなりフリーダムになるので仕方ない所ではあるのですが、それにしてももうちょいなんとかならんかったのかと。
中盤以降で憑依できるようになるロボはオーブを吸着&発射できるのですが、オーブ吸着時は背中に装着。キャラで吸着しようとするとロボの後ろに回らなければなりません。これ込みでパズルなのかもしれませんが、個人的には全方位で吸着できるようにしてもらいたかったと思う。

ちなみに完全自力のクリアとはいかず、初回のシークレットと後半1セクター、最終セクターは攻略を見てしまいました。初回のシークレットは総当たりも後半に進んでから戻るのも面倒だったので。後半のとあるセクターは考え方自体は間違ってなかったけど、そこまでシビアに操作しなくてもこうすればできますよ言った感じ。最終セクターは初見ギミックの利用方法が分からずにお手上げといったところ。

実績自体は1週クリア+シークレット全クリアで全解除。自分のプレイ時間は7時間40分といったところでした。
ローカライズしておらず英語音声のみ字幕なしだったのでストーリーは全く把握できませんでした。EDはもしかしたら2種類あったのかもしれませんが、実績には全く関係なくクリアすればOKなので片方しか見てません。
この手のゲームだとどうしても1週クリアするまでしか楽しめないし、問題数を大量にするわけにもいかずでこんなボリュームですね。
今なら無料でプレイできて、探せば海外兄貴のクリア動画もありプレイ時間の割に実績もかなりおいしいので、暇な方はぜひ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーク02

Author:マーク02
殆どゲームしかやってない人の駄文。XBOXONEの稼働率が高いです。XBOX360の実績解除もボチボチと。ゲームやってるときは大体ツイッチで配信してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
かうんたー
リンク