お久しぶりで近況報告

どーも。

現在の仕事が毎日2時間残業で土曜出勤の週もありなので、ゲームのプレイ時間が減っている今日この頃です。平日は1時間~1時間半程度で我慢している感じです。

1月は特に新規購入はしてないですが、2月はFor Honorを購入しましてオンラインチャンバラを楽しんでいます。システムについての説明は割愛しますが、対人戦においては他のゲームに比べて早い段階で心理戦やチームワークを考慮したゲームプレイになると思われます。カジュアルにやるならドミニオンですが、個人的にはモブが少ないorいない他のモードの方が真剣勝負な空気があって面白いと思ってます。
ただし、発売直後はサーバーの状況がよろしくないのか回線エラーで試合ができないことも多く、モチベーションも下がり気味です。状況が良くなるのを期待しつつストーリーや他のゲームをプレイします。

HALO5ですが、ダブルスの大会があったというのにSWATにハマってしまい、気が付けばスレイヤーやチームアリーナ以上で過去最高のダイヤ2まで到達できました。SWATはペガサス2のマップがリスポーン固定しやすく七面鳥狩りになる場面が多々あるため、このマップは嫌いでしたがそれ以外は特に嫌な点もなく、1試合平均5~6分で終わるので平日のプレイ時間の確保が難しい現状では嬉しいです。置きエイムを意識するようになり、スプリント癖が抜けるのでランク付け+α程度にはやっとくといい刺激になるかと思います。

ほか、フォルツァホライズン3はどうにもならないので、まとまったプレイは先送りにしました。ロケーション追加のDLCがもう一つくらしいのでその辺りで再開できればと。
先にスカイリムSEの実績解除をどうにかしようと思い立ち、ペースを上げ始めたところでございます。各ギルドクエストは比較的短めなのですが、メインクエやDLCのクエストは長いので時間はかかるかと思います。
実はGWにTwitchで配信しながらバイオハザードを一気にプレイしようという企画を考えており、それまでにスカイリムは一旦ケリを付けたいと思っています。早くMOD入れてプレイしたいというのもありますがね。

そんなこんなでGW前、4月中旬くらいまでにスカイリムを集中的にプレイしていきます。HALO5とFor Honorもマルチのプレイ自体はしますが、ランク付けなどをちょこっとやる程度になるかと。上記の通り、仕事の都合で平日や土曜日に安定して長い時間のゲームプレイの時間が取れないので、プレイするタイトルは絞ります。全くプレイできないわけではなく1時間~1時間半はプレイできるので、前よりも集中してプレイしたいと思ってます。
HALO5においてはクラン新設の動きもあり盛り上がり始めているようですが個人的にはこのような状況なので、この勢いに水を差さないように2,3歩引いておこうと思います。

暫くはスカイリムばかりですが、4月中旬にはマルチプレイガチ勢に戻りたいと思いますので、それまでお待ちいただきたい(誰も待ってないと思うけども)。3月も中旬か下旬にまた近況報告できればと思います。ではでは

昨年ざっくりまとめ&今年について

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて、去年のまとめです。
HALO5マルチをメインでやってはいましたが、新規購入の他に360を引っ張り出して実績を埋め直したタイトルやGwGの無料配信タイトルもありで、ブログをざっくり読み直した限りでもプレイしたタイトルは13本でした。ブログに書いてない(覚えてない)タイトルも含めると20本超えると思います。実績のスコアはおそらく10000ほど稼いでおり、大晦日にギリギリで実績スコアを50001としました。実績コンプした本数も6本と、今までに比べるとかなり多いです。満足感はありますが、実績解除の難易度を考慮する癖がついてしまったのは残念なところではあります。
HALO5のマルチは、こんな感じだったので実は結構プレイ頻度は低かったと思われます。プレイするタイトルがあった場合にはその合間にプレイする感じだったので、楽しんではいましたが実力的には大して向上してないと思います。せめてスレイヤー&チームアリーナはプラチナ安定させたかったですね。
あ、ゴールデンウィークにエリコンを買ったので、特にHALO5では重宝してます。左右スティックのクリックは苦手操作だったので、それが背面パドルに割り振れるのは有難い限りです。ツイッター上では破損報告も多いですが、私は運がいいのか良い感じに力が抜けているのか、今のところは全く問題なく使えています。

今年については
今年もHALO5をメインにプレイする予定ではありますが、去年ほどの本数はプレイしないつもりです。箱1のストアのDL版などを見る限り、発売済みタイトルでもそれほどやりたいタイトルがあるわけでもないので無理に見出さないつもりです。今年も360のタイトルを何本か実績解除しときたいです。色々なゲームをやりたいですが、先述の通りやりたいタイトルはそれほど多くないので購入したけどあまり触れなかったタイトルを通しでやったり実績コンプしたいです。
それと、エリコン購入して以来ずっと「DMC4SEのダンテはエリコンでかなり使いやすくなるのではないか」と考えており、いつか練習してみようと思ってました。実績もコンプしてないのが心残りでしたので、険しい道ですが何とかしてみたいと思ってます。
さらに、プレステの「パラサイトイヴ」においてクライスラービルクリアが購入した学生時代から常に心残りで、これについてもどうにかしたいと思ってました。幸い、ソフトと解体新書(所謂完全攻略本)は手元にあり、プレステのソフトはPS3でも動くそうなので、時間がどうにかなるなら(また1からになりますが)頑張ってみたいと思ってます。
実は心残りなタイトルは何本かあるので、今年こそはそこらへんに着手したり消化したりしたいと思ってます。今ではTwitchで配信もしてますので、配信で集中力を高めつつやっていきたいと思います。


今年は昨年以前の心残りを極力解消していきたいですが、HALO5を中心に、まずはスカイリムSEとフォルツァホライズン3を進行していきたいと思います。

今年も何卒よろしくおねがいします!

独白

IGN JAPANの電遊奇譚がたまたまTwitterのTLに流れてきまして、それに触発されまして。

そーいえば、ゲームに限った話ではないけど、心血を注いで寝食を捧げてまでして取り組んだものは何かあっただろうかと思い起こしてみた。あまり身辺のことを書くのもどうかと思うのでゲームだけにしておくが、社会人になってからのbeatmaniaⅡDX(弐寺)とDanceDanceRevolution(DDR)は個人的に真面目に取り組んだものである。20代の前半は仕事が終わってはゲーセンに通い、どっちもひたすらにやり込んだ。DDRは、膝がちょっと痛くなったし疲労もたまってるからと休んだら、当時通っていたゲーセンから撤去されてしまった。今で言うところのレベル15辺りの曲をバーなし、レベル17辺りの曲をバー持ちでクリアできてたし、体力的にもまだまだやれると思ってたのでやり込める環境が無くなったことは素直にショックだった。
弐寺に関しても数年前にゲーセンがつぶれる憂き目に遭い、それでも週末は車で片道40~50分かかるゲーセンまで通って頑張っていた。シングルプレイは1P側十段、ダブルプレイは九段と、仕事が変わってないにも関わらず夜勤や早朝出勤と活動時間が安定しない中でよく頑張ってきた方だと思う。一人暮らしを始めて2年半程経ち、据え置き機とゲーセンの2足の草鞋はそろそろきついなと思い始めたところに、ナンバリング新作の稼働とHALO5の発売が重なり、辞めることを決意。悪くないタイミングだったと思う。ゲームプレイにおける未練はないしわざわざプレイしに行く気はない(一応新作稼働ごとにデータ引き継ぎに年1回程度はプレイすると思う)が、短めながらも良質のテクノ系の曲が毎回山ほど増えるので、サウンドトラックは毎回買うと思われ。

音ゲーを通じて友人が出来たりしたし、プレイ中は無心、あるいは自分と向き合ってたと思う。周りには自分より上手い奴らがいっぱいいたが、一人でプレイするゲームだったし、そこまで熱心にプレイするくらいだから人目なんか気にもしてなかったので、割り切って自分が立てた大なり小なりの目標に向かってがむしゃらにプレイしてた。DDRに関してはトータルで4年ほど、弐寺に関してはほぼ10年はやっていた(高卒で即就職した)ので、弐寺に関しては随分悩んだものである。DDRにしても、当時は遠くのゲーセンまで通おうか本気で悩んでた記憶がある。DDRはこの時点で弐寺と家庭用据え置き機と弐足の草鞋だったので仕方なく切り捨てた。弐寺に関しては、辞めることを考えてた時点で29~30歳だったので、将来的にそろそろ貯蓄もと考えてのことだった。まぁその後は色々あって結局文無しのままですが。

だが、その後にXBOXONE一筋に切り替えてからがあまりいい記憶がない。HALO5をメインに色々とつまみ食いする感じではあるが、実績解除を考えたり調子がいい日があまりなかったりで、HALO5以外はリアルスキルが必要ないゲームをチョイスしてしまう傾向があり、その一番悪い例が無双オロチ2アルティメットである。あんなタイトルは適当に切り上げればよかったと未だに後悔してる。あれに回した時間でどれだけHALO5がやり込めたか。

体調管理の甘さもいただけない。正直に言って、自分は体力がある方だとは思っていない。DDRはプレイ=トレーニングという側面も多分に有ったし、弐寺に関してもかなり体力を使うゲームだったので体力は維持できていた。XBOXONEメインになってからというもの、体力と集中力の低下がはっきり感じられているにもかかわらず、それに対して何もしない自分がいた。ツイッチ配信を始めてプレイの質が上がったかと言えば、疑問である。衆目にさらされることも確かに緊張感という点では大事かもしれないが、やはり根本の体力と集中力が低ければどうしようもないのだ。

要は、ここ1年の自分のゲームプレイングはあまりに薄いのである。確かに実績解除自体はしてるのでゲーマースコアは伸びているものの、心血が注げてないのでプレイングに対して感情が薄いのである。今の自分は、まぁそれなりに音ゲーはやっていたので上達の苦しみや喜びは語れるが、実際にはそれほどそれを体験していない。

時折、SNSなどせずに、井の中の蛙状態でプレイしてた方が良かったんじゃないかと思うことがある。悪い癖で、上が見えると諦めてしまう。システム上でそれがあると分かっていても、実際には視界に入らない方が、時折参考に動画などを見るだけの方が集中できたのではないかと考えることがある。すでに手遅れではあるが。
切り替えも大事なので暫くは自分なりのゲームプレイを模索することになると思います。せっかくタイトルもいっぱいあるので色々やっていきたいところではございますが、HALO5に関してはまだまだやり続けていきたいので、せめて納得出来るランクまで上がってから停滞に入りたいです。HALO5以外にも色々なタイトルに手を出してますが、無心で向き合えるタイトルも探そうと思います。HALO5のマルチは基本的にチーム戦なので確かに気持ちいいゲームではありますが、無心で、自分と向き合って、といったものではありません。かつて音ゲーをプレイしてた時のように、無心で、自分と向き合って、自分以外に何にも影響されないプレイ感と充実感を求めています。

いつも以上にまとまりがないふんわりとした文章で。求めてるものは単に10年プレイしても飽きない、それでいてリアルスキルを常に磨き続けられる一人用ゲームなのかもしれない。ふと、中坊の時に学年で一人だけ2か月ほどPS2のRezをひたすらやり込んだのを思い出す。誰も分からにので誰にも自慢できなかったが、楽しかったし充実してた。

ReCoreクリア(ネタバレ有

ブラックフライデー購入タイトルその2をクリア!

SSなどを見るとTPSな印象を受けますが、動画や実際のプレイで分かりますが3Dアクションです。

初期から2段ジャンプと地上、空中でダッシュ可能。武器はアサルトライフルなどのカテゴリなどは無く、無属性と赤青黄の3色と通常ショットとチャージショットの使い分け。主人公のジュールちゃん、しょっぱなから逞しく縦横無尽に動き回ります。アクション面ではかなり機動力があるせいか戦闘に関してはシンプルにまとめてある印象。敵もかなり動き回るので、このくらいでいいのかもしれない。グレネードとかあっても機能しないかもしれないし。敵の体力をある程度減らすと、敵のコアを抜き取ることができます。抜き取りに成功すればその時点で撃破、敵の色に対応したコアが手に入ります。

相方のコアボットは最終的に、各属性に対応した3種類のコアとそれぞれにアビリティがある4種のフレームを組み合わせ、内2体を選ぶ形になります。選んだ2体はボタンで切り替えて1体だけ使うことができます。どれも個性的ではありますが、犬型に関しては最序盤以外と実績解除以外は使い道がないためフレームが全種揃うと腐り気味になりますね。

アクションが非常に楽しく、ジャンプアクションで落ちた時に関しては即復活なのでやり直しも苦になりませんでした。機動力があるので動かしてるだけでも楽しく、無駄に2段ジャンプしてから空中ダッシュしてました。フィールドやダンジョンの広さは思ってたよりは狭かったのですが、高低差も激しく、初見のロケーションに行くにも一苦労でしたがファストトラベルもあるので、まぁストレスは少なかったと思います。

さてこのゲーム、動かしてるだけで楽しいですが、個人的に問題と思う点が多々ありますので思うままに書いていきます。

まず、全体的にロードが長い。これでもアプデで改良されたらしいのですが、それでも長いと感じます。ステージクリア型ではない上にフィールドも4か所に分かれてたりダンジョンに潜ることも多く、ファストトラベルも多用するし戦闘で体力が無くなってからのコンティニューもロードしてからのやり直しと、ロード回数自体が多いので余計に気になります。
戦闘も後半になるほど理不尽に。全体的に静かなゲームではありますが、戦闘では敵が大技を使う時も大した音が聞こえないので、画面外からの攻撃に対処できないことが多々。ダメージ量の大きさから1ミスから体力半分や即死が多々。一定時間(結構短めだと思う)攻撃を食らわなければ回復しますが、1ミス即死は厳しかったです。ラストダンジョンにおけるとある戦闘ではイライラがMAXでございました。
ゲームのボリュームが少なめなせいか、難易度と進行はもうちょいどうにかならんかったのかと。4つ目の滑空ができるドローン型フレームが手に入った直後にラストダンジョンに着くのはいかがなものかと。間に温めの複合ギミックのダンジョン入れればよかったんじゃないかと思います。ラストダンジョンでは残念なことにコアボットのアクションは一切使わない上に、ジャンプアクション自体はここまで脇目を振らずに進行したプレイヤーは急上昇したと感じられると思います。しかも、ラスダンは一気に進行させてはくれず、物語の核となるプリズムコアをいちいち集めなければなりません。ラスダンに入ってから、引き返して探索を強制させられます。ここら辺は不親切が過ぎると思います。
アイテム所持数の制限もマイナス。所持数というよりも品目に制限あり部品類も場合によっては拾えなくなり、敵から抜き取るコアに関してはダブることがないためすぐにスペースがなくなり、戦闘が多めだった場合はすぐに拠点へ引き返す羽目になります。ロードの長さも相まって面倒この上ないです。
他、操作方法が変更できないのが地味にストレス。最近はHALO5のバンパージャンパーに合わせるようにしてますので、ジャンプ仕様としてボット切り替えが多発。

個人的には動かして楽しいし、アクションや戦闘もクリアできれば嬉しいものではありましたが、ボリュームや調整で不足してる面が見受けられ、プラスとマイナスの面がちょうど同じくらいという感想になってます。ちなみに1週クリアまで21時間ほどでした。ボリューム不足と言いつつもアクションゲームとしてはこのくらいなのかなと思ったりもしてます。DMC4SEをやり込み過ぎただけなのかもしれません。

1週クリアしたので今回はまとめましたが、何個か解除できそうな実績かあるのでもうちょっとだけプレイします。プリズムコア全種を筆頭とした収集系は日本語での情報が圧倒的に不足してるので、手探りで出来るだけといった感じです。全ブループリント発見はそもそもプリズムコア収集が終わらないと無理な上に、鬼畜アクションダンジョンでタイムアタックなどしたくありません。犬フレームでアイテム20個掘り出しの実績が解除出来たら早々に折れると思います。

さて、ReCoreは早めに切り上げて、トゥームディフィニティブをやる予定でしたが、疲れたので暫くはHALO5のマルチ以外はスカイリムかフォルツァホライズン3でのんびりする予定です。ではでは

DOOM(2016) クリア!

表題通りで、難易度「手加減無用」(他のゲームで言うところのノーマルだと思われ)で1週クリアしましたので、色々とかきます。

ショットガンが最序盤で出たり、特定の武器以外はズームが無かったりと序盤~中盤まではかなり脳筋な印象でしたが、それ以降はゲームスピードと敵の物量、フィールドの狭さに悩まされることとなります。

このゲームの特色としては全体的にスピードが速い、フィールドの狭さと高低差の激しさ、グローリーキル(即死の格闘攻撃)、今の時代に体力自然回復無しが上げられます。体力は、厳密にはシールドと体力のHALO方式で、シールドから先に減っていきます。

スピードの速さとフィールドの狭さと高低差ですが、序盤は敵が勝手に寄ってくるので楽でいいなと思わなくもないですが中盤以降は高火力の敵が閉所に殺到する事態となります。距離を離して仕切り直そうにも、敵も機動力が高い(多分主人公とどうかそれ以上のジャンプ力)ので割とあっさり囲まれます。中盤以降はBFGという発射するとプレイヤーの視界内の一定範囲内の敵を殲滅してくれる武器が手に入ったり、通常武器の拡張MODも充実してくると思われるので、そいつらを駆使して殲滅していきます。

ボス戦は本当に何もない広いだけのフィールドでボスの攻撃を避けつつこちらの攻撃を当てていき、最後にグローリーキルを決めてお終い!といった流れです。ボスに関してはある程度ダメージを与えるとボスが弾を落とすので弾薬切れは無いかと。

このゲームはグロさも前面に押し出してると思われ、敵の造形も生理的にアウトな人が多いのではないかと思いますが、そんな要素の一つがグローリーキルです。敵の体力を一定まで減らすと、よろめき(ダウンの方がしっくりくるかも)が一定時間発生します。その間に近づいて近接攻撃をすると繰り出すことができます。要は専用モーションでの即死攻撃ですが、頭部を潰したり心臓を抉り出したりと、やっぱりグロいです。ただし、この攻撃はグロさと即死だけが取り柄ではなく、きめると体力回復アイテムをたくさん落とします。考えなしでやると回復したはずが逆にやられることになりますので、ご利用は計画的に。
格闘攻撃としてはチェーンソーもあり、こちらは使用回数が制限されてるかわりに敵は体力に関係なく即死、きめると弾薬を大量に落としてくれます。回復アイテムも弾薬も普通にフィールドにも置いてありますが、どちらも後半は足らなくなることが多々あるので適度にきめていきましょう。

FPSになくてはならないのがグレネードですが、スタンダードなフラグ、ホログラム、サイフォンの3種類。フラグは、所謂あれなので特に何もなく。単純に範囲が広くて威力が高くて使いやすいです。サイフォンは一定時間(結構短め)フィールドを張って敵の体力を吸収して、その分こちらが回復できます。グローリーキルがままならない時はあるといいかも。とは言え、回復量はそんなに高くないです。ホログラムは使ってないので何とも言えず。

ストーリーは、火星のとある基地で目覚めた主人公が何故かそこらへんで跋扈してる悪魔をぶちのめしたり魔界に行ったりするって感じです。ナンバリングが無いせいなのか、開幕は情報量が少なくて色々と困惑します。現状に至った経緯は進めていけばちゃんと説明されるし、主人公の過去も収集品をちゃんと集めていけば分かるようになってます。このゲーム故なのか、どっちも結構分かり易かったりします。


収集物も数があり、武器の強化はMODの拡張、アーマーの強化はMODと体力、シールド、所持弾数。主人公自体の機能を強化するルーンを集めるためのチャレンジ、ゲーム内の情報を埋めるためのインテル、何故かあるSDな主人公人形、元のDOOMのマップが当時のまま遊べるクラシックマップなど。最終的にすべてがマップに表示されますが、それでもそこそこの数があると思います。取ると主人公が強化される収集物も多いし、クリアしても最新の進行状態を上書きすることなくステージセレクトできるので、詰まったら探して見るものいいと思います。収集物ではないですが、マップごとにチャレンジも設定されてます。


個人的に欠点と思うことも多々あり。ゲームスピードとフィールドの狭さと高低差のせいで酔う人が多そう、乗り物などはなく、基本的にプレイヤーが殴り込みに行くだけなので割と単調、ジャンプアクションが苦手だと難しい所もあり。中盤以降は初見殺しギミックもちょいちょい出てきますね。ゲーム性由来の欠点はこんなところですかね。

中盤まではショットガンなどで爽快に戦え、中盤以降はロケランやガウスキャノンをぶっ放しつつも慎重かつ大胆に逃げ、BFGをSTGの決め打ちボムのようにどこで使うか考えながら戦うのはイライラしつつも楽しくありました。ボスも攻撃を避け方を考えながら戦うのが悩ましくもあり楽しくもありました。ブラックフライデーセールで3000円ほどで買ったのですが値段以上に楽しめたと思います。スナップマップなるクリエイトモードもあり、オンライン対戦もありでまだまだ楽しめそうではあります。

が、私の場合だけなのか分かりませんが、主に地獄ステージでのフィールド読み込みやマップ表示の時にフリーズが多く(1週クリアまでに4回ほど)、収集系の実績解除はこれがネックになりそうなので、これ以上はやらないことにしました。楽しいゲームではあるのですが、ゲーム性以外の点でイライラするのもどうかと思って本格的にやるのはここまでとしました。年末辺りで時間が空くようならフリーズを承知でやるかもしれません。DLしなおしたらよくなるかもしれませんし。

さて、突貫工事で一気に終わらせたDOOMの後ですが、ReCoreの予定です。直近のセールで買ったものからクリアしてく予定です。HALO5やスカイリムSEも継続してやっていきます。作業ゲーにはならなそうなのでツイッチで配信もしていく予定ですので、よろしくお願いします。ではでは
プロフィール

マーク02

Author:マーク02
殆どゲームしかやってない人の駄文。XBOXONEの稼働率が高いです。XBOX360の実績解除もボチボチと。ゲームやってるときは大体ツイッチで配信してます。beatmaniaⅡDXとDDRもちょこっとやってます 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
かうんたー
リンク